本文へスキップ

スタッフ自身が通院したい歯科医院 ほりぐち歯科  荏原町&矢口渡


  

矯正治療とインプラント治療を総合的に行った症例

 成人の反対咬合症例です。反対咬合では前歯がかみ合いません。噛む力は奥歯で支えることになります。長年奥歯だけに噛む力が集中することで奥歯を破折させてしまいます。奥歯を失った後は、かみ合わない前歯のみが残り、入れ歯も満足に入れることができなくなります。自分の歯でかみ続けるためには、正常なかみ合わせにすることがとても大切です。可能であれば、若いうちに矯正治療を行うことをお勧めします。しかしながら、奥歯を失ってからも、当院の技術ではインプラント治療と矯正治療も総合して対応することで、改善することができます。
 この症例は、非常に難易度が高いため某歯科大学病院の矯正科、インプラント科、補綴科に治療依頼を行いました。矯正科では、顎を全身麻酔下で切除するという計画。インプラント科では、反対咬合のまま破折した歯の部位にインプラント治療をする。補綴科では、破折した歯の隣の歯を使ってブリッジをする。という治療方針でした。各科の専門技術をもった大学病院でも、各科の技術を総合して対応することはとても難しいのです。当院では、歯科技術の専門化も大切なことですが、各科技術を総合的に対応でき治療方針を立てられることが重要であると考え。歯科分野にとどまらず、歯科治療に役立つことを、日々学んでおります。

術前 術後 
   
 黄色矢印は破折によって抜歯になってしまった歯。赤矢印は破折していてインプラント治療を行った歯。青矢印は既に欠損していて、インプラント治療を行った部位。  緑矢印部は、骨が少なく移植治療を行うことで何とか骨を増量して、インプラント治療を行った部位。
   
 反対咬合では、口を閉じると口元が“への字”になってしまいます。  咬み合わせを改善するだけで、唇の形態まで改善します。
   
 笑顔をつくることがとても難しい。  歯並びと唇の形が調和して、美しい笑顔になっています。
   
 特に、側面では前歯の咬み合わせが強調されます。  正面での比較よりも、側面での比較では、治療後の顔貌改善がよくわかります。
   
 口の中の状態前歯が全くかみ合っていません。よく噛んでいたはずの奥歯は、既に何本も失っています。  矯正治療によって、前歯が咬み合わせに参加することになり、失った奥歯もインプラントによって噛めるようになりました。全体でバランスよく噛めるようになりました。
   
 反対咬合では、前歯が噛む力を受け止めず、奥歯だけで噛むことがわかります。 矯正治療とインプラント治療によって、全部の歯が噛む力をバランスよく受け止めることができるようになりました。 


ほりぐち歯科


東京都品川区中延5-11-16
TEL&FAX
 03-6426-6611(荏原町)


東京都大田区多摩川1-34-10
TEL&FAX
03-3758-0700(矢口渡)