本文へスキップ

スタッフ自身が通院したい歯科医院 ほりぐち歯科  荏原町&矢口渡


  

成人の反対咬合治療 その2


  成人の反対咬合症例です。奥歯(青矢印部)は噛んでいますが、前歯(緑矢印部)は、すれ違いまったく噛んでいません。奥歯ばかりに強い咬合力が加わるため、奥歯を割ったり、欠けさせたりしながら、失っていきます。奥歯を失った後には、噛み合わない前歯だけが残り、入れ歯も満足に入らない状態になってしまいます。
 前歯も咬み合わせに参加させ、全部の歯でバランスよく噛む力を負担することで、歯の寿命を延ばしていきましょう。

  術前・術後の比較
 術前   術後 
 
     
     
     

術前、治療中、術後の変化
術前   
反対咬合では、笑顔に不可欠の上の歯が見えません。
     
前歯が咬み合わせに参加していないことがわかります。
治療中    
   
3   
    
1 上の歯にもワイヤーを取り付けたいのですが、まだ取り付けられません。先に下の歯のみワイヤーを取り付け矯正治療を開始します。
2 何とか、上の歯にもワイヤーを取り付けられました。
3 少しずつ、上の前歯が見えるようになってきました。
4 上の前歯が、下の前歯の前方に移動してきました。
術後      
 上の前歯を見せて、笑顔を作ることができるようになりました。口元がスッキリして、口元が明るくなっています。
     
前歯もしっかりと咬めるようになっています。前歯・奥歯バランスよく噛む力を分散できるようになっています。

ほりぐち歯科


東京都品川区中延5-11-16
TEL&FAX
 03-6426-6611(荏原町)


東京都大田区多摩川1-34-10
TEL&FAX
03-3758-0700(矢口渡)